みんなの カジノ 会員 登録

ワシントン カジノ

ワシントン州には多くのカジノとギャンブルの機会があります。地元のネイティブアメリカン部族によって運営されているワシントンのカジノの多くは、高速道路やワシントンの都市の近くに便利に位置しています。ワシントン州にある27のカジノはネイティブアメリカンの土地で運営されています。ワシントンの全てのカジノでは、スロットマシン、ルーレット、ブラックジャック、クラップス、ビデオポーカーを提供しています。一部のカジノでは、バカラ、様々な形のポーカー、トラック外の賭け、ケノ、ビンゴを含む他のテーブルゲームが利用できます。賭博年齢はカジノによって異なり、18歳から賭けることができるカジノもあれば、21歳まで賭けることができないカジノもあります。ワシントンでは、カードルーム、いわゆるミニカジノなど、他にも多くのカジノが運営されています。ワシントンにはいくつかの競馬場があり、すべての競馬場で賭けることができます。

ワシントン州にある27の部族カジノのうち24の部族カジノでは、電子式のスクラッチ式の宝くじも提供しています。これらのゲーム機は5ドルの限度額があり、現金ではなくカジノで購入したカードを使用します。これらのゲーム機の最低ペイアウトは、州によって設定された法律上の75%です。ワシントンのカジノは、スロットマシンのペイアウトを報告する法的義務はありません。

ワシントンのカジノは、独立した小規模なものから、ホテル、レストラン、スパ、エンターテイメントを併設した大規模なリゾートまで様々である。リゾートを併設したワシントンのカジノの中には、ワシントンの自然の美しさを体験したり、観光のために大都市への日帰り旅行をしたりすることができる、長期滞在のホームベースとして最適なものもあります。ラスベガススタイルのショーやエンターテイメントは、ワシントンのカジノで楽しむことができます。

ワシントンのギャンブル法では、ワシントンのカジノでの合法的なギャンブルについてはかなりの自由度が認められており、慈善事業のためのギャンブルも認められています。しかし、オンライン賭博はワシントン州では違法であり、クラスCの重罪となります。オンラインでの馬の賭けは、状況によっては許可されています。無料またはプレイマネーのオンラインゲームは依然として合法である。ワシントンのカジノは、明らかに利益を得る立場にあるにもかかわらず、この新法について発言しませんでした。

ワシントンのカジノは、ワシントンの住民のための楽しい気分転換や日帰り旅行、町で夜を過ごすのに最適な方法、またはワシントンの休暇の興味深い停留所になることができます。ワシントンにはいくつかのカジノリゾートがありますが、そのうちの一つは、それ自体が休暇になることもあります。ワシントンのギャンブル法は、多くの素晴らしいワシントンのカジノのいずれかで、州全体で楽しく、合法的なギャンブルを可能にするので、あなたがニッケルスロットや高額ポーカーを好むかどうか、あなたが楽しむことができる1つを見つけることを確信しています。

みんなの カジノ 会員 登録
みんなの カジノ 会員 登録

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *