カジノ の コンピュータ ゲーム

カジノに持ち込んではいけないもの

ギャンブラーにとって、カジノは地球上で最も興味深い場所かもしれません。インターネットなどの他のメディアにもありますが、このような高価なギャンブル施設が提供する社会的な交流やエキサイティングな体験には敵いません。ゲーム、照明、音、人混み…これらすべてがカジノを楽しく魅惑的な場所にしたもので、ここから出ようとは思わないかもしれません。

カジノに足を踏み入れる前に最も重要なことは、そのギャンブル施設のハウスルールを学び、理解することです。ルールはカジノによって異なり、地域の法律の影響を受けることがよくあります。しかし、実際にはほとんどのカジノに共通する規則があり、カジノ経営者による社内法だけでなく、ギャンブラー自身による社会的なルールとして施行されていることが多いのは仕方のないことです。

そのような法律とは、カジノ内では何が許されていて何が許されないのかということです。もちろん、カジノ内に持ち込めるものはそれなりの自由度があります。通常、カジノの警備員は、あなたがギャンブル施設に何を持ち込むかについては、次のことを除いては、騒ぐことはありません。

1. 武器。

1.武器。武器に関する規則は、地域の法律に依存していることが多いです。しかし、カジノでは一般的に、武器を持っている人は危険な人物とみなされ、もし武器を持っている人が許可された場合、カジノでは被害者が出る可能性があるからです。

2. 2.子供。

子供はカジノフロアから一定の距離を離れた場所にしか立ち入ることができませんが、ギャンブル目的ではない場合を除いては、子供を連れて行かない方が安全です。最近のアイオワ州の研究では、子供をギャンブルにさらすと、後にギャンブル依存症になる可能性があると結論づけられています。

3. 薬物。

カジノの中にはレクリエーション用の薬物を容認しているところもありますが、多くのカジノでは薬物取引が横行しているため、容認していません。薬物を持ってきて捕まり、法的手続きに巻き込まれないようにするのが一番です。

4. 4.不正行為の装置。

これについての簡単な説明は、不正行為はビジネスに悪影響を及ぼすため、カジノでは許可されていないということです。十分に言われています。

5. ラップトップ。

ハッキングや秘密の通信の可能性があり、パトロンを特定の危険にさらす可能性があるため、カジノではもはやラップトップの使用を許可していません。多くの場合、単にそれをしまうように言われ、コンピュータとその中の重要なデータを失うという小さなリスクを被ることになるでしょう。

カジノ の コンピュータ ゲーム
カジノ の コンピュータ ゲーム

6. 6.カメラ。

カジノ内での写真撮影はセキュリティ上の理由から禁止されています。しかし、一部のカジノではカメラの存在を容認していますが、顧客が施設内のどこでもカメラを使用することを許可していません。

7. 7.ペット。

ペットを連れてくることは、ギャンブラーと人間以外のペットの両方に悪影響を及ぼす可能性があります。騒音や人混みは動物を動揺させ、ペットが知らない人を攻撃したり、毛皮やフケを吸い込んでしまったアレルギー体質の人に喘息を引き起こす可能性があります。多くのカジノでは、そのような理由で施設へのペットの持ち込みを禁止しています。

もちろん、これがカジノに持ち込んではいけない全てではありませんが、簡単に言えば一般的なものです。様々な禁止事項から免除される方法を知りたい場合は、常にカジノのルールを参照してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *