カジノ エキスプレス 使用 可能

ジャマイカのカジノ

ジャマイカといえば、澄み切った青い海、ヤシの木、人間や公害の影響を受けていない自然、つまり地球上の楽園のような美しい白いビーチが思い浮かびます。ジャマイカは昼間の手つかずの自然だけでなく、夜には観光客が興味を持つ主要都市にある10のカジノでエキサイティングな時間を過ごすことができます。

首都であり最大の都市であるキングストンには2つのカジノがあり、ファルマスには1つ、ネグリルには2つ、主要な港であるオチョリオスには2つ、同じく港であるモンテゴベイには4つのカジノがあります。オチョ・リオスとモンテゴ・ベイの両方とも、主にクルーズ船からの観光客が多く訪れますが、すべてではありません。ホテルリゾートはジャマイカのカジノのほとんどをホストしており、お気に入りのゲームをプレイするために遠出をする必要がない観光客には便利です。

オチョリオスにあるトレジャーハントはジャマイカ最大のカジノで、合計120台のスロットマシンがあります。ジャマイカのカジノではテーブルゲームはあまり一般的ではありませんが、ほとんどのカジノではスロットマシンの数が多く、オチョリオスのトレジャーハントのように24時間営業していることが多いです。ただし、営業時間は大きく異なるので、行く前に確認しておくことをお勧めします。ジャマイカのカジノ、サンセットビーチリゾート&スパは、毎日午前8時から午後6時までの間だけゲストを歓迎しています。

ギャンブル活動に参加するためには、ジャマイカで18歳以上である必要があり、アルコール飲料の消費についても同様です。

カジノ以外にも、ジャマイカのギャンブルには競馬場のレースベッティングも含まれます。そのような施設はセント・キャサリンのケイマナス・パークに1つだけあり、ここでは競馬の生中継を見ながら賭けをすることができます。ベッティングは月曜日から土曜日の午前8時30分から午後4時30分まで営業しています。

ジャマイカのカジノでは、ジャマイカが旧イギリスの植民地だったこともあり、英語が公用語となっていますが、国内では多くの方言が話されており、理解やフォローは難しいですが、聞くのは魅力的です。ジャマイカの人々はとてもフレンドリーで、彼らの家で文化を楽しみ、ジャマイカの有名な特産品であるラム酒やラムケーキなどの料理を味わうためにあなたを歓迎してくれます。カリブ海に行ったらいつでもこの美しい国とおもてなしの心、そして彼らのカジノの興奮を楽しんでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *