カジノ スロット ドラゴン

リトアニアのカジノ

リトアニア共和国では、プロのビジネスとしてのゲーミングは比較的新しいが、2002年にオリンピックカジノに最初のライセンスが与えられて以来、国内の至る所で増殖している。ほとんどが首都ビリニュスに集中しているが、カウナス市、クライペダ市、パランガ市にもカジノがある。

2005 年末時点で、リトアニアには陸上カジノが 57 軒、賭博場が 142 軒、ビンゴサロンが 1 軒あり、2004 年比 46%増となっている。National Gambling and Gaming Business Association とリトアニア共和国の State Gaming Control Commission によると、2005 年の収入は約 3,440 万ユーロであった。

リトアニアのトップカジノは以下の通りである。アラジンカジノ、カジノプラネット、グランドカジノワールド、カジノトルネード、シティカジノ、リヴァルホテルのオリンピックカジノ、ロスパトランコス、ネゼカジノ。

リトアニアのカジノは、スロットマシン、アメリカンルーレット、ポーカー、ブラックジャックを提供しており、多くは24時間営業です。カジノは、ラスベガスやモナコなどのギャンブルのメッカで見られるように、小規模で質素な施設から大規模で快適な豪華な施設まであり、遊び好きな人から本格的なギャンブラーまで幅広く利用できる。

リトアニアが EU に加盟すると観光業が大幅に増加し、現在では大陸内外からリトアニアを訪れる観光客が、質の高いサービスとゲームを含む豊富なエンターテイメントのオプションに驚いています。

リトアニアでのゲームの唯一の欠点は、そこに至るまでの道のりです。EU 加盟以来、鉄道と高速道路の両方のアクセスを拡大するために多くの計画が立てられてきたが、高速道路「バルト海経由」はポーランド国内で障害に見舞われており、観光客の 80% が道路を利用しているため、残念なことに、ポーランド国内でのアクセスが困難になっている。リトアニアへのユーロ鉄道サービスの拡大の見通しは工事中であったが、その費用のために、西側からバルト三国への高速鉄道の見通しは何年も先のことになってしまった。最近、2社の航空会社が運航を開始したため、低コストの航空サービスは、観光客にとって2番目に忙しい方法になるだろう。

カジノのトップロケーションの中でも、リトアニア共和国の首都であり、最大の行政、政治、経済、社会、文化の中心地であるヴィリニュスには、当然のことながら、最大の賭博場が集中しています。

カウナスは約40万人の人口を擁し、人口では2番手ですが、ヴィリニュスよりも純粋に「リトアニア人」であることから、より魅力的だと考える人も多いようです。リトアニアで最も重要な都市の一つであり、古い伝統だけでなく、重要なビジネスと産業の中心地でもあります。また、若者の街でもあり、35,000人以上の学生が7つの大学のいずれかで学んでいます。

クライペダがユニークなのは、長い歴史の中で多くの国の影響を受けてきたからであり、最も強い影響を受けているのはドイツからのようです。もちろん、歴史上の様々な時期にロシア人の「訪問者」も訪れており、街中にその足跡を残しています。クライペダのもう一つの大きな影響は、キュロナイン・ラグーンの河口に位置する海岸沿いのロケーションで、多くのビーチハウスがあり、リラックスしてギャンブルができる場所となっています。

パランガは一年中健康的なリゾート地ですが、6月から9月までの短いリトアニアの夏の間の騒々しさで有名です。人口はわずか2万人から、特に週末には10万人以上に膨れ上がります。日中は日光浴をする人たちが太陽を浴び、夜になるとパーティの動物たちがやってきます。夏のパランガは、リトアニア人が自由に楽しみたい場所の第一位です。

ソ連の厳しい鉄の拳から解放されたばかりの民主主義の小さな国が、短期間で長い道のりを歩んできました。リトアニアは観光客のドルの重要性を理解しており、合法的かつ繁栄を維持するための保護措置を講じながらも、ゲーム産業を成功させようと躍起になっています。それは今まで、世界全体で最もよく知られているカジノの秘密の一つである。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *