カジノ プラス 頂a

アメリカのカジノの歴史

カジノ プラス 頂a
カジノ プラス 頂a

カジノという言葉の語源は、イタリア語の “casa “から来ています。アメリカの歴史では、カジノは「サルーン」と呼ばれていました。これらのサルーンは、ダンス、音楽、ギャンブルなどの様々な活動が許されている社交場で、客をもてなすために利用されていました。4つの主要都市、すなわちニューオレゴン、セントルイス、シカゴ、サンフランシスコは、これらのサルーンの開発に重要な役割を果たしました。20世紀初頭には、法律の制定によりギャンブルが禁止されました。その結果、かつて合法だった施設は閉鎖されるか、地下で営業を開始しました。しかし、1931年、世界恐慌の経済的影響に対抗するために、ネバダ州とラスベガスでギャンブルが合法化され、結果としてアメリカにカジノが形成されました。1940年代には、ベンジャミン・バグジー・シーゲル、ベニー・ビニオンのような人物が、ラスベガスのカジノを全く新しいレベルにまで成長させました。アメリカの他の地域では、ギャンブルはまだ禁止されていました。1950年代と1960年代には、新しいタイプのカジノが繁栄し始めました。トロピカーナ、スターダスト、シーザーズパレス、サハラなどのような強力なエンターテイメントクラブとリゾートが誕生しました。人々は既に人気があり、忙しいカジノビジネスに魅力と名声を加える新しい方法を見つけ始めました。1970年代には、カジノはラスベガスとネバダ州の最高の収入源となりました。

1976年にはニュージャージー州でギャンブルが合法化され、1978年にはリゾート・インターナショナル・カジノが設立されました。しかし、ギャンブル法の規制が厳しく、ワシントンDC、ニューヨーク、フィラデルフィアなどの都市に近接していたため、アトランティックシティのカジノは期待したほどの収益を上げることができませんでした。アトランティックシティは、当初は東洋のラスベガスにはなれませんでしたが、革新的なアイデアと新しい技術によって勢いを増し、現在ではアメリカで2番目に人気のあるカジノと考えられています。

ギャンブルビジネスに関連した経済ブームは、市場の信頼性と拡大の機会を獲得しました。人々は収益性だけではなく、企業の価値観に基づいてカジノビジネスを運営するようになりました。現在では46の州がカジノギャンブルを合法化しています。カジノギャンブルのもう一つの形態は、部族の保留地に出現していると一般的にインディアンゲーミングと呼ばれる、それが最も必要とされたこれらの地域の小さなカジノゲームパーラーの散発的な成長のために、最近非常に人気となっています。これらのカジノの可能性を生成する収益を見て、大企業は、ネイティブインディアンの所有者とのコラボレーションを開始している新たな高みにカジノゲームを取るために。

カジノビジネスに関する視点の変化は、新しいアイデアを生み出し、リバーボートギャンブルが新しいトレンドとして浮上してきました。 川のカジノによるこれらの州の経済的繁栄は、他の州にもリバーボートギャンブルを取り上げるように促した。

伝統的なポーカーはバーチャルポーカールームに移行し、オンラインポーカープレイヤーが殺到しています。スロットマシンのような他の様々なゲームもオンラインゲームの舞台に移行していると見られています。オンラインカジノのギャンブルは、今日のインターネットに精通した世代の間で多くの興奮を生み出しています。

米国のカジノプレイヤーサイトは、ゆっくりと変態男のゲームであることから、今日の家族の娯楽の立派な媒体に浮上しています。それは、その目的は、それらに迅速なお金を稼ぐ機会を与えるとともに、ゲームの楽しみと活動の十分なソースを人々に提供することである巨大なビジネスとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *