カジノ マイ デザイン

バーチャルカジノ – ギャンブルの新時代

ラスベガス、それはデザートの真ん中に建てられた都市です。地理的には、この都市は、その過酷な気候のために居住に適していなかったでしょう。しかし、これらすべてにもかかわらず、この場所は一部の人々、ギャンブラーにとっては楽園となっています。乾燥した不毛の地であったはずのものが、富の避難所となり、世界で最も偉大な建造物の居住地となりました。ラスベガスのすべての良いところは、ギャンブルという一つの悪癖に起因しています。世界中からギャンブラーが、あらゆるカジノで賭けをし、あらゆるポーカーゲームでハッタリをかけ、スロットマシンで幸運のレバーを引き、スリル満点のルーレットを楽しむためにここに集まってきます。この繁栄した産業は、この街を世界で最もエキサイティングな街の一つとして設定しています。

しかし、ラスベガスはそれ自体が競争相手を見つけました。しかし、モンテカルロやマカオのような別のギャンブル都市からではありません。それはインターネットにあります。オンラインギャンブルはまた、ドットコムビジネスでその方法を見つけました。このビジネスの成功の主な理由は、ワールドワイドウェブで接続された世界中の潜在的な賭博者の数百万人が繁栄していることです。ラスベガスや他のギャンブル都市に行くのとは異なり、ギャンブルは飛行機のチケットや市内にある5つ星ホテルの高い宿泊料金を支払うことはありません。必要なのは、PCの画面の前に座ってマウスをクリックしながら、オンラインギャンブルの結果にワクワクしながら楽しむことです。オンラインギャンブルでは、ギャンブラーは金庫に現金を保管することを心配する必要はありません。すべての金銭取引は銀行取引で行われます。この業界は、すべての取引で銀行手数料から金融部門に利益をもたらしています。

オンラインギャンブルはまた、インターネットで独自の支持者を見つけました。これらの愛好家は、オンラインフォーラムに集まり、ギャンブルや家のオッズについて議論しています。ギャンブラーが不正サイトと呼ぶギャンブルサイトもあります。これらのサイトは、獲得したクレジットをすぐに引き出すことを許さないサイトです。一部のサイトでは、獲得したクレジットの一定のノルマや一定の時間しか認めていないため、ベッターは引き出しの条件を満たすことができるまでベットをするしかありません。これは最終的には家が常にオッズに有利になるだろう。オンラインギャンブルフォーラムは、これらのルージュサイトにオンラインギャンブラーを警告しています。

ギャンブル業界は有望ですが、それはまた、その没落にその道を導く彼らの宿敵を持っています。このうちの一つは、ギャンブルサイトのオペレータ自身です。乱数を取得することは、まだ任意のものです。多くの懐疑論者は、オンラインギャンブルプログラムは操作できると信じています。他のギャンブルサイトは、オッズの監査を公開したり、ベッターの勝利確率が高いことを発表したりすることで、この懐疑論に対抗しています。言うまでもなく、賭博者の資金を強奪して、いつも手ぶらのままにしている不正サイトも存在しています。これらはビジネスに大きな影響を与えるいくつかの問題です。

しかし、アメリカ政府ほどビジネスの敵はいない。9/11の爆破事件以降、すべてが変わってしまった。マネーロンダリング事件に対抗するためのワイヤー法が公布されました。マネーロンダリングは、アメリカや世界の一部ではすでに非合法化されている。資金洗浄されたお金がテロリストやその他の犯罪組織の資金源になっていると信じられており、受け入れられている事実です。賭け手の匿名性は、詐欺的な金銭取引をかくまうの潜在的な方法である可能性があります。このような理由で、それが米国で非合法化されたときに、その暗黒時代に達しています。主要なインターネットサイトは、オンラインギャンブルを宣伝する広告を削除することで、訴訟に従っています。しかし、オンラインギャンブルは、その潜在的な税金のキャッシュカウのために、米国議会でもいくつかの同盟国を獲得しています。バーニー・フランクス議員、ロバート・フレックス議員、ジム・マクダーモット議員は、オンラインカジノの運営を合法化し、規制するさまざまな法案を議会で可決した。これらの法案が米国議会を通過できるかどうかはまだわからない。しかし、オンラインカジノは、米国の潜在的な市場という点で、すでに何百万もの損失を出している。

米国はオンラインカジノに敵対的であるが、欧州連合(EU)やカリブ海諸国の一部は、オンラインカジノを繁栄し成長している産業の一つとして歓迎している。米国のオンラインカジノの非合法化は、アンティグアとバルバドスを世界貿易機関に提訴するように促した。貿易自由化の法律のおかげで、WTOはそれらを支持し、無法化することで公共の安全を保護しているだけだという米国の主張を拒否しました。この事件は現在、WTOの裁判所で議論されている。米国が敗訴した場合は、WTO裁判所の判決で合法化し、影響を受けた国に賠償金を支払うことを余儀なくされるだろう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *