カジノ 法案 可決

カジノ 法案 可決
カジノ 法案 可決

カジノパーティーについての7つの神話

カジノパーティーの開催については、多くの神話や誤解があります。この記事では、最も一般的なものの中から7つを取り上げます。

神話その1 – カジノパーティーは違法である
ほとんどの州ではギャンブルは合法ではありませんが、資金調達が目的の場合は制限がある場合もありますが、カジノパーティーはどの州でも合法です。ギャンブルは、チップやその他の対価と実際のお金の交換で構成されています。カジノファンパーティーは、平等な交換なしで参加者に与えられたプレイマネーやチップを利用します。そのため、ギャンブルとは言えません。

神話#2 – カジノパーティーは高額である
他の形式のライブエンターテイメントに比べて、カジノパーティーはお買い得です。映画のチケットでさえ10ドル以上することがあります。コンサートのチケットは、チケットマスターが各チケットに課す法外な20%の「コンビニエンスチャージ」を除いて、一枚100ドル以上することがよくあります。ラスベガスのブロードウェイの演劇やショーも同様に法外な金額になることがよくあります。ほとんどのカジノパーティーは一人20ドルから30ドルが一般的です。私に言わせれば、かなり合理的です。

神話その3 – カジノパーティーは管理・運営が難しい
これ以上のことはありません。ほとんどの場合、カジノレンタル会社はあなたのイベントを運営し、カジノディーラーを管理し、景品を提供するピットボスを提供します。カジノ会社は、あなたが提供するために3つのものを必要とします。
o 場所
o 出席者
o 賞品

神話#4 – 理想的な場所を見つけるのは難しい
カジノパーティーを成功させるためには、良い場所を見つけることが大切です。しかし、それはエレガントである必要はありませんし、高価なものである必要もありません。私たちは、ガレージ、倉庫、ホテル、空きオフィスビル、個人宅、クラブハウス、退役軍人会館、地下室、公民館、さらには農家の牛の放牧地の真ん中にある納屋の下など、屋内外でカジノをテーマにしたパーティーを運営してきました。イベントに参加する人たちにとって、場所は重要ではないようです。

神話#5 – 私はカジノパーティーのための十分なゲストを持っていない
そうですね、1000人以上の参加者を対象にしたカジノイベントもかなりの数をこなしてきましたが、たった20人の参加者を対象にしたイベントもかなりの数をこなしてきました。予想される参加者数に合わせて、必要なテーブル数を調整することができます。小さなカジノナイトでは、テーブルが2つか3つしかないことも珍しくありません。

神話その6「カジノゲームの遊び方がわからない
ほとんどのカジノファンパーティーのディーラーは、ゲームの遊び方を説明してくれます。中にはベットの簡単なシステムを教えてくれるところもあるかもしれません。カジノパーティーには、カジノに行ったことがない、ギャンブルをしたことがない参加者が必ず参加しています。カジノディーラーが保証できないのは、本物のカジノに行ったときに勝てるかどうかということだけです。

神話#7 – カジノパーティーは良い資金調達方法ではない
カジノパーティーの募金活動は、実際に利用可能な最も収益性の高い募金活動の一つです。3時間のイベントでは、あなたのグループは、文字通り、初めてであっても数千ドルを稼ぐことができます。カジノファンドレイザーは、多くの場合、収入の複数の手段を持っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *