キング ちゃん 闇 カジノ

カジノギャンブルの傾向の変化

キング ちゃん 闇 カジノ
キング ちゃん 闇 カジノ

境界線を曖昧にするインターネットの能力と、カジノ・ギャンブルとスポーツ・ベッティングに対する社会の受容は、最終的にアメリカのギャンブル法の矛盾と抜け穴に光を当てることになった。ネバダ州のその場しのぎのスポーツブックの屋台から、ほとんどのスポーツベッティング活動は、1990年代半ばに運営をシフトし、サイバースペースの可能性を利用しました。現在、ジャマイカ、コスタリカ、アイルランドなどの国々には、スポーツベッティングやカジノギャンブルを提供するオンラインゲームサイトが数多く存在しています。

海外に拠点を置いているにもかかわらず、これらのサイトの収益と顧客の大部分はアメリカの州から来ています。実際、最近の調査では、これらのオンラインカジノギャンブルやスポーツベッティングサイトは、ネバダ州で運営されている合法カジノよりも多くの収入を得ていることがわかっています。オンラインギャンブルおよび賭けサイトの利益は、2005年だけで700億ドルと推定されています。これは、報告されているネバダ州のカジノからの20億ドルと比較すると、驚異的な金額です。これは、60年代から90年代初頭までのネバダ州カジノの3年間の君臨を覆すのに十分な額である。スポーツブックとカジノサイトの運営が20年未満であることを考えると、これらのサイトは、繁栄しているネバダ州のギャンブルシーンにとって明らかに脅威となっています。

何十年もの間、ラスベガスはギャンブルの運営を合法化した唯一の場所である。その後数十年の間に、州の宝くじ、カードクラブ、ゲーミングシップ、インディアンカジノ、およびトラック外のベッティングサロンが全米で急増しました。しかし、これらの発展はオンラインギャンブルに対抗するには十分ではありません。オンラインギャンブル業界は、合法的な米国のカジノからの断固とした反対にも動じない。米国のギャンブル法もまた、助けにはなりません。法律は州によって大きく異なります。ほとんどの州ではあらゆる形態のギャンブルを禁止していますが、例外を設けている州もあります。このような矛盾は、オンラインオペレーターが法律の抜け穴を見つけて利用することを容易にします。アメリカの賭博協会は、オンラインギャンブルに関する防御的な立場を維持します。協会は、オンラインギャンブルの規制に関する連邦法をプッシュします。彼らによると、オンラインギャンブル業界の規制されていない性質は、伝統的なカジノよりもその利点です。

しかし、このような立場にもかかわらず、ネバダ州のカジノの中には、「勝てないなら勝てばいい」という古い慣習に従っているところもあります。1998年11月、新しいトレンドが始まった。従来のカジノは、利益を改善するためにオフショアのオンラインカジノギャンブル会社を買収し始めたのだ。ヒルトンホテルの系列会社がオーストラリアのスポーツブックCentrebet.comを吸収した。他のネバダ州のカジノもそれに続き、このサイクルは再び新たな議論の嵐を巻き起こした。

オンラインギャンブル業界に対する以前の嫌悪感とは裏腹に、伝統的なカジノはより高い目標を設定しました。彼らは今、オンラインギャンブルを合法化する法律を議会で可決するように圧力をかけている。これは、生産コストを下げるための努力のために行われています。ハラーズとMGMミラージュは、ネバダ州の2大カジノであり、間違いなく独自のオンラインギャンブルサイトを所有しており、オンラインゲームの規制を要求しているカジノの先頭に立っている。明らかに、この規制要求の動きは、従来のカジノをオンラインサイトと同等にすることを意図していない。独立したオンラインサイトとネバダ州のカジノが所有するサイトの間で競争が激化したのである。規制の動きは、ネバダ州のカジノにとって2倍の利益をもたらすことになる。

カジノギャンブルにおけるこの新たな展開がどのようなものになろうとも、ゲーマーはギャンブルを確実に楽しむことができます。もしかしたら、この規制案が承認されれば、オンラインでのベットは米国の法律の下で行われるため、より安全性が高くなるかもしれません。以前のように、カジノギャンブルはダイナミックで常に変化する業界であることを証明している。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *