ハウステンボス カジノ いつ

ハウステンボス カジノ いつ
ハウステンボス カジノ いつ

オンラインカジノの税金の仕組みを理解する

オンラインカジノプレイヤーからよくある質問としては、カジノゲームをプレイする際に税金を払うのか払わないのかということです。”負けたらどうするの?”、”賞金から税金はどうやって引かれるの?”、”オンラインカジノのゲームをプレイするたびに税金が引かれるの?これらは、多くのギャンブラーが直面している共通の混乱です。

そもそも、オンラインカジノからの税金の管理については、特定の国が特に定めているギャンブル法に依存します。しかし、すべての勝利が自動的に政府によって課税されるわけではありません。しかし、自分の国がどのようにして賞金からお金を差し引くのかを知っておくために、ギャンブルに関連する法律をすべて理解することは、常にプレイヤーの責任です。ここでは、オンラインカジノやプレイヤーから税金をもらう際に発生する一般的なプロセスをご紹介します(これは、あなたが米国からのプレイヤーである場合には特に重要です)。

勝利の税金。

世界中の多くの国、特にアメリカでは、プレイヤーは賞金から何かを提出したり、共有したりすることが義務付けられています。最高税率は50%、最低税率は30%に達することもあります。あなたが勝ったかどうかはどうやって分かるのですか?あなたはお金を申告する義務がありますが、そうでなければ、監査であなたのお金を追跡するかどうかを問われます。オンラインカジノゲームで勝った場合は、負けたかどうかに関わらず、IRS(内国歳入庁)に申告しなければなりません。

事実はまだ米国からのオンラインカジノは特にあなたの賞金額を申告しておらず、もちろん連邦法はあなたが勝ったか負けたかを知りませんが、あなたはまだ法律に従う義務があり、あなた自身でそれを申告しなければなりません。

もしあなたが大物プレイヤーであったり、「ハイローラー」と呼ばれるプレイヤーで、オンラインカジノ税を申告して支払うことを選択した場合、それは米国の確定申告書の他の収入として報告されます。プロセスは、あなたの勝利の純額のみを提出することによって行われます。つまり、ブラックジャックをプレイして、3000ドルのベットで3000ドル勝った場合、2700ドル全てを申告しなければならないことになります。

唯一の例外は、大勝ちした場合にのみ、オンラインカジノ税を申告して支払う必要があるということです。それは、600ドル以上勝った場合をビッグとみなし、インターネットでカジノゲームをプレイしていくら勝ったかを申告するのはこの時だけということです。

プレイヤーが負けた時の税金

負けた時の税金についてですが、項目別控除として表示してくれて、賞金に控除されます。なので、税金はしっかりと管理して、しっかりと管理しておいた方がずっと良いでしょう。その他の雑多な控除」に記載されていますが、賞金総額の中で申告した金額まで控除することができます。ギャンブル税の損金算入が認められていない、または示されていないことを覚えておいてください。例えば、賞金で5,000ドルを申告した場合、損失の項目別控除でも5,000ドルを申告することができます。ただ、最近申告した金額を超えないようにしてください。

それはあなたがあなたの賞金と損失を証明しなければならないことが不可欠です。IRSは、すべてのオンラインギャンブラーが勝つか負けるかを証明するすべてのものを保持しなければならないことを強く示唆しているので、オンラインカジノゲームをプレイして受け取ったすべてのレシート、チケットなどを保持することは良いオプションである理由はそこにあります。ベットの種類、勝敗、カジノサイト名、カジノのI.P.アドレスなど、すべての詳細を記載しなければなりません。eWallet、クレジットカード、デビットカードなどの支払い方法を詳細に記録しておくことは、オンラインカジノの税金を支払う上で非常に重要なことです。

結論から言うと、オンラインカジノゲームをプレイする際の記録をしっかりと残しておくことで、国税庁からの質問を受けないようにすることができますし、税金を払っていないという理由で刑務所に送られてしまうこともありません。そしてもちろん、あなたはオンラインカジノの税金を簡単に支払うことができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *