ベター ダイス カジノ

悪名高いカジノゲームのチート

オンラインカジノをプレイすることは、そのドラマがないわけではありません。彼らはどうにかしてシステムを打ち負かすことができると確信しているよりも、オンラインで最高のカジノに挑戦しようとしているいくつかの個人があります。彼らは、すべてではない場合は、多くは、最終的に捕まり、その後、人生のために禁止されていますようにしようとします。

人気のあるレンガとモルタルのカジノにさかのぼってみると、実際に短期間だけカジノを破ってカジノの歴史に名を残した人たちがいます。そのような伝説的な話の一つは、ラスベガスとMITのカードカウンティングチームから来ました。

人気のあるカジノゲーム、この場合はカジノでオッズに勝つためには、特別なスキル、主要なトレーニング、そしてかなりの忍耐が必要なので、この特定の物語は本当に驚くべきものです。MITのチームは、明らかに野心的で信じられないほど知的だった大学生のグループを入力してください。数学と科学のIQのために、チームはカードカウントのための信じられないほどの才能を開発しました。

1980年代の間、この大学生たちはポーカーや他のカジノゲームを楽しんでいました。その後、彼らがカジノに勝つことを試みることで、自分たちが本当にどれだけ賢いのかを探ってみることにしたのは、それほど長くはありませんでした。ついに、元MITの教授が学生を集めてテストをすることにしました。慎重に弱いプレイヤーを淘汰した後、彼は最終的にカードを数える能力のない学生のグループを形成しました。その時から訓練が始まり、教授は彼らに規律と、カジノに勝つための言葉と言葉以外の合図の使い方を教えました。

それは1990年代、チームが最高のパフォーマンスを発揮していた頃のことでした。彼らは一手に何万ドルも賭けていましたが、カジノはご存知のように大金を使う人が大好きでした。これらの人気のあるカジノには、一体何が起こっているのか全く分からなかったのである。公式な賞金のカウントはありませんが、このチームは数百万ドルをカジノから搾取したと推定されています。驚くべきことに、彼らは週末にカード・カウンティングのトリックを行い、月曜日には学校に戻り、平均的な学生のように振る舞っていました。

信じられないかもしれませんが、MITチームに追いついたのはカジノではなく、残念ながら彼ら自身に追いつき、最終的には彼らの巨大なエゴが彼らの破滅をもたらしました。お金、無料旅行、主要なVIPの地位が彼らの頭に直撃したのです – 子供たちのグループにとっては理解できることです。カジノの警備員は彼らの過ちに気付き始めた – 特に1つは友人のパターンだった。カジノは、チームが必要以上に頻繁にうろついていることに気付き始めた。

チームは最終的にカジノから追放されることになりました。

彼らの冒険のテンポの速いアクションは、「21」という映画で見ることができます。ケビン・スペイシーが教授役で、ケイト・ボスワースが伝説のMITカード・カウンティング・チームの一人として出演しています。本物のチームのために、それはかなりそこで終わりではありませんでした。身分を変えてテーブルに戻ろうとしましたが、カジノの警備員が賢くなってしまいました。チームメンバーの何人かは、今日もヨーロッパのオンラインカジノでプレイしていると噂されています。おそらく今回、彼らは間違いから学び、大金をかき集めているのだろう。

なぜ誰も刑務所に入らなかったのか不思議に思っていますか?信じられないことに、彼らがやっていたことは違法ではありませんでした。自分の頭の中でカードを数えることは 証明するのは ほとんど不可能だ CIAが心を読む技術を持って出てきて、カジノにそれを売らない限り、カード・カウンティングは永遠に完全に気づかれないだろう。

ベター ダイス カジノ
ベター ダイス カジノ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *