ミディアム を あげる カジノ

リバーボート カジノ

リバーボートカジノがアイオワ州で初めて合法化されたのは1991年のことで、それ以来その人気は飛躍的に高まっています。当初、リバーボートカジノでのギャンブルは、5ドルのベットと、クルーズ客1人につき最大200ドルの損失に制限されていました。リバーボートカジノは徐々にイリノイ州やミシシッピ州に移っていきましたが、そこでは制限がなく、カジノは24時間営業でした。1994年に、リバーボートカジノはミズーリ州に導入され、リバーボートカジノを合法化する最後の州となりました。

リバーボートカジノは、イリノイ州、アイオワ州、インディアナ州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ミズーリ州の6つの州で合法です。彼らは過去の壮大なリバーボートに似ていますが、彼らはめったに海岸を残し、ドックサイドに残っています。ミシシッピ州のリバーボートカジノは、海岸からカジノへのガングランプで、恒久的にドッキングされなければなりません。いくつかのリバーボートのカジノ、”堀の上のボート “は、川に隣接するプールに浮かぶように設計された、デッキにカジノを持つ大きなはしけです。リバーボートカジノの大部分は、ミズーリ川、オハイオ州、ミシシッピ川で動作し、イリノイ州を除いては、デスプレーンズ、オハイオ州、イリノイ州の川でも、それらを可能にします。各州は、許可された数、ゲームの種類、入場料、クルーズに費やした時間数、および許可されたギャンブル時間の量を含む、リバーボートカジノのための独自のギャンブルの制限を持っています。

ミディアム を あげる カジノ
ミディアム を あげる カジノ

リバーボートカジノでは、ブラックジャック、クラップス、ルーレット、ポーカー、スロット、ビデオポーカーなどの様々なゲームがあります。いくつかの人気のあるリバーボートのカジノは、インディアナ州のArgosy VI、2,300スロットと4,000人以上の乗客のための80のテーブルゲームが含まれています;イリノイ州のグランドビクトリアカジノ;ミズーリ州のAmeristarカジノ、世界で最大のフローティングカジノフロアを持つ;とアイオワ州のミシシッピベルII。ミシシッピ州では、午後と夕方のギャンブルクルーズを特徴とする3デッキのリバーボートカジノ「チュニカ・クイーン」が非常に人気があります。最新のリバーボートカジノの1つは、ルイジアナ州のL’Auberge du Lacで、1階デッキで、30,000平方フィートのギャンブルスペース、60台のテーブルゲーム、1,600台のスロットマシンを備えています。ルイジアナ州のもう一つの有名なリバーボートカジノはトレジャーチェストで、1,000台のスロットマシンと数種類のポーカーゲームを備えています。

リバーボートカジノは、各州の経済に数百万ドルの収入をもたらし、何千人もの人々に雇用を提供しています。毎年自然災害がリバーボートカジノに影響を与えていますが、ゲーム開発者や個人が急速な復興と再開に貢献しています。その利便性、合理的な価格、および安価なエンターテイメントのために、リバーボートカジノの明るい未来が残っている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *