ヴェラ ジョン カジノ オススメ スロット

強盗はオンラインカジノでプレイするようにギャンブラーを操っている

数週間前に起きたフロリダ州のカジノ強盗事件の余波で、出席者の数字は、人々がカジノに戻ることに恐怖と緊張を感じていることを証明しています。これは、南フロリダのセミノール・ココナッツ・クリーク・カジノで行われた大胆な犯罪に続くものです。

2010年1月29日、ある男が銃を振りかざし、カジノの従業員に金を要求したところ、陽気な群衆を混乱させました。怯えた常連客はギャンブルの最中に不意を突かれてしまいました。強盗犯のドミニク・ジブーダはマスクや変装で身元を隠さず、数千ドルを持って逃走しました。数日後 匿名のタレコミで 容疑者の居場所が判明しました ジブダを逮捕しようとした時、警察と容疑者の間で膠着状態が続いた。5時間に及ぶSWAT作戦の間に、ジブダ容疑者は当局に向けて数発の発砲を行い、最後には自ら銃を引き抜いて自殺した。

現地の映像では、強盗を目撃したり聞いたりした多くの人が、身の安全に大きな不安を抱えていました。誰も怪我をしなかったにもかかわらず、事件以来、多くの人々が戻ってこない結果となった心理的なダメージがありました。南フロリダのカジノは、収益の減少を報告しており、最近の強盗事件による不安が原因だとしています。より良い安心感を得るために、人々は自宅にこもり、オンラインでカジノゲームをプレイしています。セミノール・ココナッツ・クリーク・カジノがすべての顧客を取り戻すかどうかは時間だけが物語るが、その間にオンラインカジノは南フロリダの人々にギャンブルをするためのより有利な場所を提供している。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *