億 エモン カジノ

カジノとインディアンゲーミング アメリカで

インディアンの賭博事業者は、インディアンまたは部族の土地で運営されているギャンブル事業で構成されています。インディアン部族は、ビジネスを制限された制御を与えられているので、彼らはギャンブル企業やカジノを設定する能力を与えられている直接の状態の指示の外に。部族政府は、内務省、議会、および国立インド賭博委員会は、インドのゲームを規制しています。

アメリカ全土で300以上のインディアンゲーミングプロパティがあり、これらのカジノによって生成された収益の巨大な成長があった。でも、2008年の景気後退をきっかけに、ラスベガスとアトランティックシティが主導するギャンブル業界の残りの部分は助けを求めて泣いている、インドのカジノは、その収益の着実な増加を見てきました。

しかし、インディアン賭博規制法は、部族の賭博純利益が5つの分野で使用されることを主張しています。部族政府のプログラムの資金調達のため 部族とメンバーのための一般的な福祉のため。経済的に部族の開発を促進するため。慈善団体への寄付 部族に貴重なサービスを提供する地方政府機関への資金提供。

すべての部族は、その収入の一部を慈善団体や地方政府に寄付することで、地域社会の経済的利益のために捧げています。

米国のカジノプレイヤーの中には、ラスベガスやアトランティック・シティに出向いてギャンブルに興じるよりも、インディアン・カジノで遊ぶことを好む人が増えています。インディアンカジノは現代のゲーム技術に適応し、ラスベガスのカジノと同等のゲームとエンターテイメントの雰囲気を提供しています。Foxwoodsはインディアンカジノであるアメリカ最大のカジノです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *