簡単 入金 カジノ

オンラインカジノはレンガとモルタルのカジノに圧力をかけ続ける

オンラインカジノは、レンガとモルタルのカジノよりもギャンブラーにとってより良い価値を提供しています。ラスベガスやアトランティックシティのようなオーバーヘッドがないため、より良いオッズや大きなボーナスを提供することができます。伝統的なランドベースのカジノは、派手なホテルや豪華なレストランで観光客を魅了します。1976年にアトランティックシティでギャンブルが合法化されました。ラスベガスのカジノは、単にカジノギャンブルを提供するだけではなく、東海岸の観光客を引き付けるためにもっと多くのことをしなければならないことに気付きました。これがラスベガス・メガリゾートの始まりでした。メガリゾートは、バケーションの目的地になるために、家族全員を対象にしています。現在では、土地を購入し、ラスベガスのストリップにリゾートを建設するために約50億ドルの費用がかかっています。

簡単 入金 カジノ
簡単 入金 カジノ

1986年、フォックスウッズはインディアンの土地にビンゴホールとしてオープンした。Foxwoodsは1992年にカジノのテーブルゲーム、1993年にスロットマシンを追加した。アトランティックシティは現在、ラスベガスと同じ立場にあった。彼らはギャンブル以上のものを提供する必要があった。アトランティックシティはラスベガスと同じようにこの問題に対処しました。フォックスウッズは何百万人もの観光客を魅了し、1990年代から2000年代初頭にかけて成長を続けましたが、経済の低迷により各州がカジノギャンブルに関する法律を緩めざるを得なくなりました。今日、フォックスウッズは世界最大のカジノであるが、そのビジネスは小規模なカジノに奪われつつある。彼らは最高級のエンターテイメントを提供するために、フォックスウッズにMGMをオープンさせました。これにはまたしてもお金がかかります。

このサイクルの次のステップはオンラインギャンブルです。オンラインカジノは地元のどのカジノよりも便利なので、ギャンブラーの近くにオープンしようとしているところはありません。オンラインカジノがビジネスを失っているとき、彼らはまた、問題にお金を投げかけます。オンラインカジノは、ロビーに白い虎がいるのではなく、プレイヤーにボーナスを提供することでこれを行います。

オンラインカジノは、限られた従業員数の小さなオフィスから運営されています。これらのオフィスは、ギャンブルが合法化され、税金が制限されている小さな国にあります。カジノは使用するソフトウェアのライセンス料を支払っています。オンラインカジノを見ただけでは、電話勧誘のオフィスと見分けがつかないでしょう。
オーバーヘッドが低いため、インターネットカジノは「ラスベガスよりも良い」オッズや入金時のボーナスを提供することができます。ランドベースのカジノはどのくらいの頻度で最初のデポジットにマッチするのでしょうか?新しいサイバーギャンブラーの競争は激しく、ボーナスも増え続けています。問題は、米国ではオンラインギャンブルは正確には合法ではないということです。なぜでしょうか?それは課税されていないからです! ここからが問題の始まりです。

米国政府は個人のギャンブラーには関心がありません。彼らはマネーサプライの首を絞めようとしているのです。理論的には、一旦オフショアカジノで儲けるお金が無くなれば、カジノは無くなるだろう。そうなれば、ギャンブラーは伝統的に課税されているランドベースのカジノに戻るか、課税法が変わり、納税しているカジノがオンラインカジノをオープンすることが許されるようになるだろう。ラスベガスにはホテルの客室でのeギャンブルを認める新しい法律がありますが、いくつかの州ではインターネット販売に課税しようとしています。これは、現在のオンラインカジノにとって新しい「アトランティックシティ」を作ることになるのだろうか?彼らは問題にお金を投入する新しい方法を見つけ出すのでしょうか?答えはイエスであり、サイクルは続く。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *